MENU

ブックオフでの漫画買取は激安でビックリ!その理由とは!?

驚く老人

ブックオフの口コミや評判でも多いのが漫画本を大量に持ち込んだのに、
買取金額はビックリするほど少額でした!という意見。

 

大手チェーン店なので信頼して利用する方が多いようですが、
買取に関しての実情は激安なようです。

 

ではなぜ、ブックオフほどの大手がこんな金額でしか買取を行えないのでしょうか?その理由について解説しましょう。

ブックオフの買取額が激安な理由

ブックオフは言わずと知れた大手チェーン店ですが、
その店舗数の多さが買取額の低下につながっているようです。

 

直営店、フランチャイズ合わせて900店舗を超えるので、
常時、適正価格を査定できる人を入れておくことは不可能です。

 

そこでブックオフでは誰でも査定ができるように、
希少性やプレミア度は無視して、
本の状態だけで判断して買取価格を決めています。

 

いわゆるランク分けして一律で買取とる方法ですね。
もちろんバイトがこの作業を行うので、
店舗・人によって買取額が不安定です。

 

ただ、5年以上経過したのは0円査定ですので、ここは安定しているとも言えます(笑)

 

効率化

本来買取というのは需要や供給、稀少性、プレミア、人気などの観点から
客観的に判断できるプロの査定士が鑑定するのですが、それには知識と経験に加えて時間が必要になります。

 

また、その査定士を育成し全国配置するとなると、
莫大なコストがかかってしまいます。

 

なので、ブックオフではバイトでも作業をこなせるよう、
稀少性、プレミアの本でも一律にし、
すぐに売れやすい人気がある漫画をランク分けで査定し、効率的に店舗運営ができるように行っているのです。

 

おもしろい査定事例

ブックオフの買取評判でもよく見かけるのですが、査定に関して効率化を示す事例があります。

 

査定に約100冊持ち込んで、
時間がかかるだろうなぁ〜と立ち読みしていたところ
わずか5分程で終わり漫画本が全然読めなかった!

 

これは何が言いたいかというと、
通常査定すればこんな短時間で終わるハズがありません。

 

外見の状態から、プレミア度、中身のチェックなど本の価値を見出す査定をすれば、
おのずと時間がかかってしまいます。

 

現にブックオフで買った本には、
お金、切手が挟まっていたり、ひどい時には落書きがしてあったという声があります。

 

このように効率を重視した査定なので、
高額買取には繋がりにくいのです。

 

筆者も以前ブックオフに300〜400冊買取してもらいましたが、査定額は1,500円ちょっとでした。
そのほとんどが0円〜10円査定で、
0円査定の物は買取不可ですがこちらで処分しときましょうか?と言われたので承諾したのですが、
後日、ブックオフに足を運んでみると、その買取不可と言われた本が売り場に並んでいた時はドン引きでしたw

ブックオフの漫画買取ランク

ブックオフでの買取は本の状態・綺麗さなどの見た目しか重視しません。
また、バイトによってもその判断は異なるため、
例え新品・新品と同様な書籍でもランクを落とされて査定されてしまいます。

 

ブックオフのランク
ランク/コミック 青年コミック 少年コミック 少女コミック
特A

100円

80円

80円

50円

50円

50円

30円

30円

30円

10円

10円

10円

0円

0円

0円

 

ランクの判断基準

特A 新品とほとんどそん色ないもの
新品より質は落ちるが、すぐに売り場に出せるもの
加工が必要なもの(紙が焼けていたり、手垢の着いているもの)
焼けが酷く、加工機でも取れないと判断されたもの
書き込み、水濡れなど、商品としての価値がないと判断されたもの

 

 

もちろんランク分けとしてこのように決まっているだけですので、
査定する人によって基準が厳しくなったりしますし、

 

店舗には置けるスペースが限られているので、
同じ本がある場合は査定額がさらに低くなる場合もあります。

 

まとめ

このようにブックオフでは大手チェーン店がゆえの効率化が悪い意味で買取額に直結しています。

 

私もそうですが、
一度利用した人はあまりの激安価格にビックリするので、
他で金額が付かなかった本を捨てに行く気持ちで利用する方がいいかもしれません。

 

トップページリンク

このページの先頭へ
メタボリックシンドロームとは