MENU

古本の値札シールを綺麗に剥がすには≪ティッシュvsドライヤー≫どちらが優秀!?

 

古本の値札シールを綺麗に剥がす方法として
≪ティッシュ戦法とドライヤー戦法≫この両者が手軽なので有名ですが、
果たしてどちらが優秀なシール剥がし法なのか実際に検証してみました!

 

へうげもの

 

今回用意した本です。
以前から興味があった漫画『へうげもの』を
しつこい粘着力の値札シールで有名なブックオフで仕入れてきましたので検証結果を見て行きましょう。

 

ルール説明

判定のポイント
ルールは単純にティッシュとドライヤーではどちらの方が綺麗に剥がせるのか?を主点に、
手間はどうなのか?時間はどうなのか?などの点も比較していきたいと思います。

 

 

剥がし方の基本説明

ティッシュ戦法

ウェットティッシュで値札シールを拭き取り後、箱ティッシュでゴシゴシして落としていきます。

 

参考動画

 

 

ドライヤー戦法

ドライヤーである程度の時間シールに温風で暖めてから指で剥がしていきます。

 

参考動画

値札シールの検証結果!

指で値札シールを剥がした場合

両者の画像を見る前に、指で剥がすとどうなるのか?をご覧ください。

 

シールの剥がし方

 

指で剥がしている途中は結構イケそうな感じがしていたのですが、
やはり本に変な風にこびりついてしまっています。

 

ここから爪を使って剥がせそうな気もするのですが、
あまりやると傷が付くらしいので、あまりおススメはしません。

 

さて、次は本題のティッシュ戦法とドライヤー戦法ではどうなるのか?期待が高まります。

 

ティッシュ戦法で値札シールを剥がした場合

シールの剥がし方

 

ビフォー・アフターを見てもらえば分かり易いと思うのですが、
ティッシュ戦法は値札シール剥がしに効果が絶大でした!

 

しかし、今回の値札シールは私が想定していたものよりも非常に大きく、
また、水分の吸収が悪い材質のシールだったので、思ったより苦戦してしまいました。

 

始めはウェットティッシュで十分に湿らせて、箱ティッシュでこすっていたのですが、
小さい値札の水分吸収率・鮮やかな取れ方に反して、
大きい値札はなっかなかこするだけでは取ることができず、
画像のように完全に剥がし切るまでには約4〜5分の時間を要しました。

 

 

途中、面倒になってきたので指で剥がそうかと思いましたが、
グッと堪えて、再度ウェットティッシュで湿らせて、
箱ティッシュでこするというコンビネーションを繰り出していく内にポロポロと取れてきました。

 

いや〜こするだけで本当に取れたので関心しました^^

 

 

また、最後に少し粘着感が残っていたのですが、
それも箱ティッシュでこすっていけば、
まったく違和感がなくなるレベルまで剥がれ落ちたので個人的には感動の域に達しました。

 

手間がかかりますが、跡形もなく剥がしたい方におススメです。

 

ドライヤー戦法で値札シールを剥がした場合

シールの剥がし方

 

ドライヤー戦法は画像をよく見ると、すこ〜〜しシールの跡が残ってしまいました。
しかしティッシュ戦法と比べると、剥がすまでにかかった時間は短く済みました。

 

 

熱がシールの粘着力を弱める効果あることで検証してみたのですが、
ドライヤーを当てている途中で

 

『そういえば、どうなったら剥がせる状態なんだっけ?』と考えてしまい、
結局、約1分程度温風を送って様子を見ることに!

 

しかし、何も変化する様子がなかったので、
おそるおそる剥がしてみると、スルーーっとかなり気持ちがイイ感じでシールが取れました!

 

 

もうなんて言うか病みつきになるぐらいスッキリなります。
それに所要時間もドライヤーを当てていた時間なの1分ちょいでできるので、手間はかかりません。

 

が、少し残念だったのは今回の検証ではシールの跡が少し残っていたことですね。

 

ドライヤー戦法は細かいことよりも、手間を極力かけたくない人におススメのようです。

検証まとめ

今回、綺麗に値札シールが剥がせると巷でおススメされている、
ティッシュ戦法とドライヤー戦法とを検証してみましたが、どちらも一長一短あるように感じました。

 

ティッシュ戦法

時間はかかるが、シールの跡から粘着感まで綺麗さっぱりと取ることができる。

 

ドライヤー戦法

短時間で終わるので手間はないが、シールの剥がした後が残る。

 

このようにメリット・デメリットがハッキリしています。

 

なので、手間なく綺麗に値札シールを剥がしたい場合は、
ドライヤー戦法である程度剥がし、残ったシールをティッシュ戦法で剥がす!
この方法が一番効率が良い方法だと思います。

 

まとめ
ドライヤー・ティッシュの両者を併用して値札シールを剥がすベシ!

 

オマケ

シールの剥がし方

 

指で剥がした時に綺麗に剥がせなかったシール跡を、
その後にティッシュ戦法を駆使で跡形もなく剥がすことに成功しました^^

 

トップページリンク

このページの先頭へ
メタボリックシンドロームとは