MENU

黄ばみやホコリを防ぐおススメ本棚≪3選≫

人物

 

本が減額査定になる原因でもお話ししましたが、
太陽光や蛍光灯の紫外線で本は黄ばみ、ホコリが多いところでは本が傷みやすくなります。

 

中古の本として売る時にもそうですが、
ずーっととっておく予定の本を守る為にも痛みは避けたいですよね。

 

 

このような状態を防ぐにはどちらも防げる本棚が一番簡単にできるのですが、
部屋に置くタイプの本棚はインテリアとしても機能としても
あまり良い印象がなかったので、
オシャレで機能性も充実している本棚をチョイスしてきました!

 

黄ばみやホコリを防ぐおススメ本棚

 

スリムワゴン

本棚

 

特徴は何と言っても狭いスペースに置けることと、
引き出し棚になっているので収納した本をどこに直したか一発で確認できること!
本の収納も2列ではなく、1列で収納するので奥の本が取り出しにくいということもありません。

 

 

また、この収納棚は1棚から3棚まで選択することができるので、
お持ちの本の冊数に合わせて、選ぶとよいでしょう。

 

気になる収納数は1棚で189冊収納しておくことができます。

 

とにかく部屋に幅がない!という人に向いているのではないでしょうか。

 

 

スリムワゴンの詳細はこちら

 

 

 

フラップ扉付きシェルフ

本棚

本棚として自室に置くだけではなく、
キッチンや客間のインテリア家具としても使えるフラップ扉付きシェルフ。

 

中に収納した本を見せたくない時には扉を閉めて、
オシャレ家具として中に収納したのを見せたい時は開けておくことができます。

 

 

また、上段に新たな棚を設置することができたり、
横に同じものを増やしても違和感がないので、
収納を増やしたという時にも非常に使い勝手が良い本弾になっています。

 

コミックは約276冊収納することができます。

 

収納も欲しいけどインテリアとしても大事!という方には向いていますね。

 

 

フラップ扉付きシェルフの詳細はこちら

 

 

 

マルチ収納ラック

本棚

 

扉の左右、中央のメイン収納と3方向に本を収納することができるので、
扉を開くだけで本のタイトルが一目で発見することができます。

 

 

また特筆すべきは細かいところに手が届く設計となっていることで、
例えば扉を勢いよく開いた時に、
収納した物が落ちない様にストッパーが取り付けてあったり、

 

稼働棚を取り外したり、広さの間隔を変えたりすることで、
漫画本だけでなくバッグなど物が大きいのも収納することができます。

 

ですので、本棚だけでなく小物を入れるコレクションボックスとしてなど、
様々な用途に用いることができる収納棚です。

 

 

漫画本の冊数は約265冊収納することができます。

 

入っている物を一目で把握したい!という人には向いている収納(本)棚ですね。

 

 

マルチ収納ラックの詳細はこちら

 

注意点!

今回の記事で紹介した本棚はいかがでしたでしょうか?

 

感想を聞く前に一つ注意点ですが…

 

 

このような本棚を選ぶ時に
安価な中国製などを選ぶ人がいますがあまりおススメすることはできません。

 

理由としてはいくつかあるのですが、
やはり一番の問題は組立てても綺麗に完成しない!というのが挙げられます。

 

 

安価な商品は精密さよりも、生産性重視になっているので、
どうしてもネジを止める位置や稼働棚の位置にズレが生じてきてしまいます。

 

すると、扉を開ける時にうまく開かなかったり、
上で紹介したスリムワゴンのようなタイプですと引き出す度に、

 

床やその他の部分を傷付けてしまったりするケースもあるので、
長年使っていく本棚のようなものは少し高くても質が良いものを選んだ方がいいでしょう。

 

こういったことを参考にあなたに合った本棚を見つけられて下さいね^^

このページの先頭へ
メタボリックシンドロームとは