MENU

常識?ISBNコードがない本は売却できないのか?

考える人

 

一般的にISBNコードがない本や書籍はどこの中古本屋さんでも『買取できないもの』として但し書きに記載されています。

 

その理由としてISBNコードが付いていない本というのは、
自費出版の本や特定の地域でしか使用できない本、1970年代よりも古い本と、
このような図書が当てはまるので私達にとってみれば需要が低いということが挙げられます。

 

しかし、中にはレトロな本を収集している人、自費出版のようなお宝的なのが欲しい人などがいるので、
もしかしたらISBNコードなくても売却できるのでは?と考えた私は、
古い本を集めているところに問い合わせてみました!

 

答えは『Yes!!』で買取OK

 

何社確認してみた上で、
唯一ISBNコードがない本でも買取OKのサインを出してくれたところが『駿河屋』でした。

 

こちらは古い雑誌やレトロコミック、同人誌などの買取も行っているので、
期待して問い合わせをしたのですが、
予想通りISBNコードの記載がない本でも買取は大丈夫ですという返答をいただきました。

 

また、ISBNがない本は駿河屋の「あんしん買取」を選択することで、
見積もり価格を出してくれるようなので、
先に金額を知りたい方はこちらを利用すると良いでしょう。

 

駿河屋の公式サイトはこちら

 

まとめ

 

ISBNコードがない本はほとんどのところで売却することができないが、
レア本、レトロ本などの需要が一定数にあるため、
買取ショップによっては売却することができる!

 

このページの先頭へ
メタボリックシンドロームとは