MENU

注意!書籍や本のネット買取でのトラブル!その対処法は!?

ネットが普及するまではゲオやブックオフといった店頭買取しかありませんでしたが、
現在は書籍や本をネットで売る、いわゆる宅配買取が主流になってきています。

 

宅配買取の場合は本の冊数が多くも店舗に持ち込む必要がないので、
非常に便利で革新的なサービスなのですが、
その裏でネット買取の普及によってあるトラブルが頻発しているようです。

 

書籍や本のネット買取でのトラブルは?

ネット買取には一見便利そうな事前査定(見積もり)と言うものがあります。

 

これはISBN番号や書籍のタイトルを入力をするなどして、
その本はいくらで買取してくれるのかある程度の金額を把握できるというものです。

 

ISBN番号が分からない人はこちらの記事が参考になります。

 

しかし、見積もりで出されたその金額を期待して発送すると、
実際の査定金額は思ったより低かったなどの理由が原因でトラブルが起きているようです。

 

また、本や書籍の買取は発送代金は無料でも、
返品してもらう際の送料はあなたが負担することがほとんどなので、
このトラブルの大きさに拍車をかけているようです。

 

では、この見積もり金額と実際の査定金額の差はどうして出るのでしょうか?
単に買取業者の悪質な嫌がらせなのでしょうか?

 

見積もりと査定額に『差』が出る理由

本を買取している業者は無数にあるので、
運が悪ければ見積もりと査定額に差を出す悪質な業者がいる可能性も否定はできませんが、
現在はそういった買取業者はほとんど淘汰されています。

 

『差』がでる理由は明確にあり、
本や書籍の事前査定(見積もり)の場合、
新品同様、または美品を前提としての査定結果をあなたに伝えることになるからです。

 

つまり買取業者が伝える金額は本の美品と同等の状態を想定していますが、
通常、売る本は使用感が出ており『中古』としての査定結果となるので、
見積もりと査定には『価格差』が生じることになるわけです。

 

 

このような価格トラブルにならない為にはどのようにすればいいのかまとめているので早速確認していきましょう。

トラブルの対処法は?

本や書籍類のネット買取の価格トラブルは、
見積もりがしっかりしていないこと、事前査定(見積もり)自体が原因になっていたので、
対処法としては以下の二つが考えられます。

 

  1. 見積もりがしっかりしているところを利用する
  2. 見積もり自体を使用しない工夫をする

 

それでは一つずつ確認していきましょう。

 

見積もりがしっかりしているところを利用する

見積もりと実際の査定金額に価格差が出てしまうのは、
買取業者が美品の価格で査定結果を伝えてくるのが原因でした。

 

駿河屋という買取では、
見積もりの際に傷やシミ・ヨレ・汚れなど一般的に本の査定で減額される項目を伝えて見積もりを出来るので、
実際の買取価格にかなり近い金額の提示を受けることができます。

 

駿河屋の見積もり方法についての記事はこちら

 

一つ問題があるとすれば駿河屋のではすべての本を見積もりすることができないので、
新作や限定盤の書籍はメールなどを介して問い合わせる必要があります。

 

 

見積もり自体を使用しない工夫をする

見積もり価格で期待できる反面、実際の査定で愕然としてしまうので、
これ自体を利用しない方法もあります。

 

買取業者でも見積もりがないところを選ぶのは不安かもしれませんが、
代わりに査定に発送する際の送料が無料、
また、査定金額に納得いかない場合の返品送料が無料のところがあります。

 

こういった取組をしている買取業者にVaboo(バブー)という会社があるのですが、
見積もりを1冊1冊確認する必要がないので手間にならない点、
査定金額が低いと思えば返品を無料で行ってくれる点を評価され
本や書籍のネット買取で今たくさんの人から選ばれているようです。

 

事前に見積もりがあるという安心感はないですが、
実際に送ってみたら買取金額が異なることでトラブルなるというぐらいなら、
最初から見積もりをせずに安心して発送・返却をしてもらえるVaboo(バブー)のような買取業者を選ぶのも良いのではないでしょうか。

 

どのような会社なのか不安な方はVaboo(バブー)の口コミをこちらでまとめているので参考にしてみてください。

 

 

以上が書籍や本のネット買取で起こるトラブルと、その対処法についてでした!
最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

Vabooの詳細はこちら

 

このページの先頭へ
メタボリックシンドロームとは